カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ
 

〔新版〕中堅・中小企業のための会計処理ハンドブック(エクセレントブックス版)

本書は、実務ニーズに沿った使い勝手の良い手引書として、中小企業の経理・財務担当者を中心に活用されてきた前作を「中小会計指針」「中小会計要領」の解説を加えて、より企業の実務のニーズに密着した会計処理のハンドブックです。 会社業務の中の「動脈」ともいうべき「販売−回収サイクル」から「組織再編」に至る構成となっており、日常の業務処理ごとに各章を構成し、その業務に係る会計処理や税務上の取扱いについて詳しく解説しています。

 ◆ISBNコード:978-4-86354-901-2
 ◆本のサイズ:B5判/ペーパーバック
 ◆監修:早稲田大学名誉教授 片山覺
 ◆編著:株式会社ミロク情報サービス 税経システム研究所

〔新版〕中堅・中小企業のための会計処理ハンドブック(エクセレントブックス版)

価格:

4,410円 (税込 4,763円)

購入数:

立ち読みする

【目次】

 ●序章 中堅・中小企業の会計はどうあるべきか

 ●第1章 販売−回収サイクル

 ●第2章 購買−在庫−支払サイクル

 ●第3章 固定資産取得−管理サイクル

 ●第4章 経費−支払サイクル

 ●第5章 財務−資金サイクル

 ●第6章 決算−報告サイクル

 ●第7章 組織再編

【監修者紹介】
●片山 覺(かたやま・さとる)

昭和17 年生まれ。昭和40 年早稲田大学第一商学部卒業。 昭和47 年早稲田大学大学院商学研究科博士課程単位取得。 早稲田大学商学部専任講師、助教授を経て、早稲田大学商学学術院教授を務める(2013年3 月退官)。現在、早稲田大学名誉教授。 このほか日本商工会議所簿記検定試験専門委員、公認会計士第二次試験委員等を歴任し、現在、銀行業務検定試験財務試験委員長、MJS税経システム研究所顧問・会計システム研究会座長を務める。 著書に『段階式日商簿記 2 級商業簿記』『段階式日商簿記 4 級商業簿記』『段階式日商簿記ワークブック 2 級商業簿記』『段階式日商簿記ワークブック 4 級商業簿記』(以上、共著・税務経理協会)、『現代会計研究』(共著・白桃書房)、『非営利組織体の会計』(共著・中央経済社)等がある。

【編著者紹介】
●是枝 伸彦(これえだ・のぶひこ)

昭和12 年生まれ。昭和35 年中央大学法学部卒業。 同年東京オフィスマシン(株)入社。 昭和40 年(株)ミロク経理入社、 昭和52 年(株)ミロク情報サービス(MJS)取締役就任。 現在、MJS代表取締役会長(取締役会議長)、税経システム研究所所長。 著書に『創造的販売の実践』(共著・税務経理協会)、『生かし、生かされ、生きる!』(財界研究所)、監訳書に『コンサルティング・セールスの技術』(ダイヤモンド社)がある。


【担当編集者から】
「中小指針」と「中小要領」の改善ポイント解説しています。実務で困っている経理・財務担当の方は必見の1冊です。(西方 洋一)