カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ
 

SUPERサイエンス 巨大深海生物の謎を解く

本書では、ダイオウイカで注目を集める深海生物について、その生態や特徴を図解・写真入りで、わかりやすく解説しています。「なぜ、巨大化するのか」「なぜ、極限といえる環境の深海でも生きられるのか?」「エサはどうしているのか?」など、今までの調査や研究で明らかなになっていることを紹介しています。深海生物の不思議さに迫る1冊です。

 ◆ISBNコード:978-4-86354-154-2
 ◆本のサイズ:四六判/ソフトカバー
 ◆著者:三宅 裕志

SUPERサイエンス 巨大深海生物の謎を解く

価格:

1,500円 (税込 1,620円)

購入数:

立ち読みする

【目次】

 ●Chapter.1 深海生物が持つ底なしの魅力

 ●Chapter.2 母なる海に適応する深海生物

 ●Chapter.3 ダイオウイカは無限に巨大化し続けるのか?

 ●Chapter.4 深海生物が食べる「マリンスノー」とは?

 ●Chapter.5 深海生物は「一匹オオカミ」が多い?

 ●Chapter.6 深海生物は天然のイルミネーション!

 ●Chapter.7 未来の深海生物

【著者紹介】
 ●三宅 裕志(みやけ・ひろし)

北里大学海洋生命科学部講師。独立行政法人 海洋研究開発機構外来研究員。新江ノ島水族館飼育アドバイザー。東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了。博士(農学)。腔腸動物学、深海生物学を専門とし、著書に『クラゲの秘密海に漂う不思議な生き物の正体』(誠文堂新光社、2014年)、『最新クラゲ図鑑 110種のクラゲの不思議な生態』(誠文堂新光社、2013年)、『深海化学合成生態系生物の飼育研究 研究する水族館』(共著、東海大学出版、2008年)などがある。



【担当編集者から】
最近では、テレビ番組などでも取り上げられることが多い深海生物について、本書では、写真・イラストを豊富に使って、解説しています。本書を読めば、きっと「そうだったのか!」ということが見つかるはずです。ぜひ、手に取って内容をご確認ください。(吉成明久)

 

この商品を買った人はこんな商品も買っています

SUPERサイエンス 相対性理論が描く宇宙の未来

1,500円(税込 1,620円)
購入数

SUPERサイエンス 超電導リニアの謎を解く

1,400円(税込 1,512円)
購入数

SUPERサイエンス 南極海ダイナミクスをめぐる地球の不思議

1,500円(税込 1,620円)
購入数

SUPERサイエンス iPS細胞が再生医療の扉を開く

1,500円(税込 1,620円)
購入数

SUPERサイエンス インフルエンザウイルスと人類の戦い

1,500円(税込 1,620円)
購入数

ページトップへ